FXCMジャパンの特徴

リアルタイム・シグナル

FXCMジャパン証券は、世界最大規模のFX業者であるアメリカのFXCM社と提携しており、
日本のFX黎明期から参入している老舗の業者です。

当初はそれなりのシェアを誇っていたのですが、その後FX業者が乱立し、
激しいシェア争いをするに従って存在感を薄めてしまった印象がありました。

しかし、最近独自のレバレッジ設定やトレーディングツール、
フェアーな取引ルールによって急激に口座数を伸ばしてきています。

ドル円のスプレッドは1.4銭前後、ユーロ円は3銭前後とインパクトのある数字ではありませんが、証拠金残高や過去1ヶ月の取引で条件をクリアすると「優遇スプレッド」が適用されて、ドル円0.5銭前後、ユーロ円1.4銭前後と業界最高レベルに変化します。

FXCMジャパン証券の特に良い点
NDD方式によるフェアな取引

NDDとはNo Dealing Deskの略で、ディーラーチェックを行わない、インターバンクに直結した取引方式です。そのため、顧客の注文は即時にインターバンクに流されてカバーされるので、業者の思惑が入り込む余地がなく、フェアーな取引が可能となります。

その反対がDD方式ですが、通常の店頭取引は相対取引なので、顧客の利益と業者の利益が相反する局面が少なからずあるのです。

FXCMジャパン証券のNDD方式では、「クリックした瞬間に悪い方にレートがすべる」「ストップ刈り」「大きすぎるスリッページ」などは構造上ありえません。

特にスリッページは良い方にすべる回数が多いというデータもあるくらいです。

建玉の制限も一切なく注文の匿名性が確保されているので、一般的な短期売買のみならず、大きなロットで高速スキャルピングをされる方にとっては最高の環境ではないでしょうか。

最大レバレッジ100倍

当初は400倍などの高レバレッジ業者も少なくありませんでしたが、2011年8月からのレバレッジ規制によって25倍(想定元本の4%)にまで引き下げられることになりました。

しかし、FXCMジャパン証券の「メンテナンス・マージン制度」を使うと4%を下回っても 「即ロスカット」ということはありません。

たとえ証拠金維持率が4%を下回っても、マージンコールから24時間以内に追加入金か、保有ポジションの決済をすればポジションが強制決済されることが無いので、相場の転換点でアグレッシブな取引が可能となります。

Review
DMM FX
セントラル短資FX
外為どっとコム
インヴァスト証券
FXCMジャパン証券
FXプライム
政策金利
お気に入り
FX・投資・金融|amazon
はてなブックマーク